藤原養蜂場ならではのミツバチ自然食品が盛りだくさん♪                         ♪電話019-624-3001♪

蜂蜜採集元 創業一世紀 藤原養蜂場蜂蜜採集元 創業一世紀 藤原養蜂場

トップページ 通販ショッピング あなたの街の物産展 商品Q&A お問合せ

藤原養蜂場の歴史

 

 
 

沿革・歴史

 
創業明治34年 藤原養蜂場一世紀の軌跡
明治34年   藤原誠祐(7歳時)、空樽をお堂に仕掛け、日本種ミツバチを捕らえ飼育をはじめる。
「お堂と初代」
明治38年   創作巣箱や器具を使い本格飼育に着手、研究を重ねる。
明治42年   日本種ミツバチから西洋種ミツバチに切り換え、集蜜力向上に成功する。
明治44年   誠祐18歳にて、東北初の専業養蜂家となる。 著書「養蜂手引草」を創刊(月刊)、各地で講習会を開催し、、実施指導にあたり、作物の結実と副業の有望性を示す。
大正元年   岩手県農会による岩手県養蜂協会を設立。初代協会長となり、以後15年間会長を務める。
大正7年   昭和天皇が皇太子時、御来盛の折に盛岡名産品として藤原の蜂蜜が献上される。
集蜜力と耐寒、耐病性を備えたカーニオ・イタリアン種ミツバチを作出し、東北一帯に普及させる。2万群以上譲渡し、以後東北のほぼ全てがこの蜂種となる。
大正末期   蜂の巣の基となる巣礎の品質向上のため、薄物巣礎を開発する。
昭和元年   岩手県養蜂組合を有志と共に設立。初代組合長となり、以後20年在任する。冷害・凶作が続く折、一貫して農家副業としての養蜂を奨励する。
昭和7年   中国への種蜂輸出を開始。当時の中国は原始的養蜂であった。
昭和10年   朝鮮半島へ、ソバ蜂蜜の輸出を開始する。当時、ソバの蜂蜜は薬用として重宝された。
戦時中、砂糖不足の折、蜂蜜は国の重要資源となる。
昭和23年   誠祐の長男、誠市が養蜂に加わり、転地養蜂で千葉、静岡に進出。一方、蜂蜜の多角利用としてアイスクリーム、ケーキ等に蜂蜜を加え、大評判を得る。
昭和52年 藤原養蜂場本店、新社屋完成
昭和53年
誠祐の孫、誠太が東京農業大学在学中に1年間、北南米の養蜂研究に行く。
誠市、盛岡市観光協会の副会長に就任。現在の公益財団法人盛岡観光コンベンション協会、副理事長を約30年間務める。
昭和54年   誠祐、勲五等瑞宝章を受章。
昭和58年   誠太、プラスチック巣により自動ローヤルゼリー採集法を確立。
昭和61年   誠祐、盛岡市市勢功労賞を受賞。
昭和62年   誠祐、享年95歳にて天寿。誠市が二代目となり、現在に至る。
昭和63年 藤原養蜂場本店の隣に蜂蜜アイスクリーム専門店「ジェラートワン」オープン
平成元年   誠太、日本種在来種ミツバチ保護のため「日本在来種みつばちの会」を設立し、会長に就任。この頃よりテレビ・新聞・雑誌等多数取材を受けるようになる。






出版:福音館書店
書名:はちみつ
著者:ふじわらゆみこ
画家:いせひでこ
平成2年   誠太、日本在来種ミツバチの空中交尾場所を初めて確認する。
4月   誠市、藍綬褒章受章。
平成5年   誠太、日本在来種ミツバチの保護・研究活動により農林水産大臣賞、TOYP大賞を受賞。
平成9年   誠太の妻由美子執筆の、福音館書店「かがくのとも」「はちみつ」を刊行。
平成10年   平成天皇が三陸博植樹祭の折、弊社の栃の蜂蜜に目をとめられ、説明を求められた上3本ご購入。
平成11年   弊社企画の樹上完熟の紅玉りんごを平成天皇に献上。
平成12年   盛岡市郊外 飛鳥地区で、蜂が介在する健康的環境づくりを目指し「日本みつばちの里」を地域住民及び日本在来種みつばちの会が協力して整備を始める。
3月   誠市、岩手県養蜂組合、組合長に就任し、平成20年3月まで務める。
4月   誠太と弊社役員村上正著作「日本ミツバチ 在来種養蜂の実際」(農文協)刊行。
平成14年
  蜂蜜専門店 花めぐみ(本店 三軒茶屋)の協力により、東京 皇居周辺での養蜂を始める。(ソメイヨシノ、ユリの木等)
平成16年   誠太、東京農業大学 経営者大賞受賞。
平成17年   誠太、同大学客員教授就任。
4月   誠市、社団法人日本養蜂はちみつ協会の理事に就任し、平成20年度まで務める。
平成18年 誠太、日本ミツバチ用人工巣と日本ミツバチ用可動式巣箱を完成。
平成20年 由美子、蜂類の研究で岩手大学にて農学博士号を取得。
平成21年 藤原養蜂場本店の隣に養蜂百年館「はちみつ村」オープン
平成21年 誠太著「ミツバチは警告する(上)−地球の生態系が危ない」(eブックランド社)刊行
平成22年 誠太著「だれでも飼える日本ミツバチ」(農文協)刊行
11月 誠太、大日本農会緑白綬有功章〈畜産部門)受章
平成23年 藤原養蜂場110周年
4月    誠市の長男、誠徳(中小企業診断士、岩手銀行OB)が経営に参画。 
平成28年    誠市、盛岡市市勢功労賞を受賞。
令和元年    誠徳、藤原養蜂場を運営する(有)藤原アイスクリーム工場代表取締役社長に就任 
 令和3年   藤原養蜂場120周年 
 

このページの上へ戻る

 
 
営業案内
藤原養蜂場本店
 
藤原製品直売店