藤原養蜂場ならではのミツバチ自然食品が盛りだくさん♪                         ♪電話019-624-3001♪

蜂蜜採集元 創業一世紀 藤原養蜂場蜂蜜採集元 創業一世紀 藤原養蜂場

トップページ 通販ショッピング あなたの街の物産展 商品Q&A お問合せ

蜂はすばらしい!

 

 

蜂の不思議-日本ミツバチ編-

日本ミツバチはすばらしい!
なぜなら西洋ミツバチに圧倒されながらも、大自然の中自らの力で一生懸命生きているから。
もしかしたら、日本人の体に一番良く合う蜂蜜を作っているかも…?!

 
日本ミツバチの特徴

主に山野の大木の洞などに棲む野生種。明治以前は、日本全国でこの蜂を庭先などに移植して、日本古来の原始的な養蜂が営まれていました。
しかし、明治以降、大量に蜂蜜が生産できる西洋ミツバチ(改良種)が合理的な飼育法とあいまって欧米より輸入、全国的に普及したこともあり、もともと神経質で巣を放棄しやすい日本ミツバチは、次第に養蜂家から見放されていったのです。
ところが最近、日本ミツバチには西洋ミツバチにはない能力や特長があることがわかってきました。生態系やバイオテクノロジーの面からも保護が重要となってきています。

 
日本ミツバチの特長
 
  1. 低温でも活動性がある。
  2. ダニの寄生がほとんどない。
  3. チョーク病の発生がほとんどない。
  4. アメリカフソ(腐蛆)病の発生がない。
    (ただし、ハチノスツヅリガには抵抗力が弱い)
  5. 性質がおとなしく、やたらと刺さない。
  6. プロポリスを集めない。
  7. 天敵のスズメ蜂に対して、効果的な防衛法をとる。
  8. 西洋ミツバチが興味を示さないキンリョウヘン(ランの一種)に集まる。
  9. 巣が非常に柔らかい。



左から西洋ミツバチ、日本ミツバチ。
日本ミツバチは西洋ミツバチより
少し小さく、黒っぽい

 
歴史ある栄養食「日本ミツバチの蜂蜜」

蜂の栄養がそのまま入った「にごり蜜」。純粋な蜂蜜だけを取り出した「タレ蜜」。

遠心分離法で蜜だけを集める西洋ミツバチと違い、日本ミツバチの蜂蜜生産法は巣がもろいため、巣ごと掻き出して中にある蜂蜜・ローヤルゼリー・花粉・蜂の子・蜜ろうもろとも生でもしくは火入れをし、粗目のアミを通しただけのものでした(にごり蜜)。それゆえに栄養が豊富で、古来より「通」の人々の民間薬・滋養食として重宝してきた歴史がありました。しかし、その味は少々クセがあり、慣れない方もいたようです。
藤原養蜂場では人工巣による日本ミツバチの飼育実験に成功。蜂蜜だけを取り出せる方法も可能になりました(タレ蜜)。日本ミツバチの蜂蜜は、その習性上いろいろな花の蜜がブレンドされた百花蜜なので、一般にコクがあり滋養味たっぷりな感じです。ぜひ、普段の西洋ミツバチの蜂蜜と比べてみてください。そしてそれぞれの良さをご確認ください。

 
日本在来種みつばちの会

この会は平成元年6月に設立されました。自然愛護の立場から日本在来種みつばちの研究、保護繁殖の促進など、主旨に賛同する人達が集まって活動している自発的な任意の研究集団です。現在、北海道から沖縄までさまざまな職業を持つ500人を超える会員が情報を交換しあって新しい発見や技術確立に努めているところです。年間の主な活動は、総会(記念講演・懇親会)、例会、研修旅行、「みつばちだより」発行、保護飼育、実験、研究活動など。
現在までの大きな研究成果として、

  1. 岩手大学の協力により、日本ミツバチの空中交尾場所を世界で初めて発見
  2. 日本ミツバチの女王蜂の人工大量養成に成功
  3. 航空機材のハニカムによる多目的人工巣作成
  4. 巣箱の遠隔地輸送実験成功
  5. 効果的な巣ムシ対策
  6. 平易な日本ミツバチ飼育書 著作(農文協より 日本ミツバチ)

などがあげられます。

左から、
日本ミツバチの働き蜂・女王蜂・雄蜂
ハニカム人工巣 人工巣で蜜を蓄える日本ミツバチ
朝日新聞社撮影
 

本会の加入に当たって入会金はありませんが、実験研究費、研修会や印刷通信費などの諸経費に充てるため、年会費(3,500円)を頂いております。年会費を完納された方を正会員とし、最新資料のご提供や加入会員のご紹介、採蜜用具などの割引き、飼育のご相談に対する詳しいお答えなどの便宜を図っています。
興味のある方には申込書を送付しますので、下記にご連絡ください。

事務局 〒020-0886 岩手県盛岡市若園町3−10
日本在来種みつばちの会
Tel:019-624-3001 Fax:019-624-3118
E-mailアドレス:hachinokai@fujiwara-yoho.co.jp
郵便振替番号:02320-7-23621
 
日本在来種みつばちの会総会における記念講演
平成元年  三重大学教授 松浦誠氏
平成2年  国立森林総合研究所 鈴木和次郎氏
平成3年  玉川大学名誉教授 岡田一次氏
平成4年  玉川大学教授 酒井哲夫氏
平成5年  姫路工業大学教授 大谷剛氏
平成6年  玉川大学教授 佐々木正己氏
平成7年  日本蜂針療法研究会会長 太田直喜氏
平成8年  科学技術庁新技術事業団特別研究員 笹川浩美氏
平成9年  エッセイスト澤口たまみ氏(日本エッセイスト賞)
平成10年  岩手大学教授 鈴木幸一氏
平成11年  農林水産省能楽博士 天野和宏氏
平成12年  玉川大学助教授 小野正人氏

内容等についてはお問い合わせください。

 

このページの上へ戻る

 
 
営業案内
藤原養蜂場本店
 
藤原製品直売店