藤原養蜂場ならではのミツバチ自然食品が盛りだくさん♪

 

藤原養蜂場 ショッピング

キーワード検索 [使い方]

  
 

藤原養蜂場のオンラインショップです。ファックスやメールでもご注文できます。

商品紹介

日本在来種みつばちの蜂蜜

日本に古来から生息している日本のミツバチが採った蜂蜜です。 日本ミツバチは、大昔から主に山野の大木の洞などに棲む野生種で、明治以前は、日本全国で庭先などにこの蜂を移植して、原始的な養蜂が営まれていました。
しかし、明治以降、大量に蜂蜜が生産できる西洋ミツバチ(改良種)が合理的な飼育法とあいまって欧米より輸入され、全国的に普及したこともあり、もともと神経質で巣を放棄しやすい日本ミツバチは、次第に養蜂家から見放されていきました。しかし、近年、日本ミツバチには西洋ミツバチにはない能力や特長があることがわかってきました。生態系やバイオテクノロジーの面からも保護が重要となってきています。
1980年代後半、日本ミツバチに着目した、藤原養蜂場の養蜂家、藤原誠太が、日本ミツバチの蜂蜜の製品化に成功し、藤原養蜂場独自の方法で処理、販売しております。

にごり蜜

遠心分離法で蜜だけを集める西洋ミツバチと違い、日本ミツバチの巣はもろいため、巣ごと掻き出し、中にある蜂蜜・ローヤルゼリー・花粉・蜂の子・蜜蝋もろとも生で、もしくは火入れをし、粗目のアミを通して生産していました。それゆえに栄養が豊富で、古来より「通」の人々の民間薬・滋養食として重宝してきた歴史があります。しかし、その味は少々クセがあり、慣れない方もいたようですが、食の多様化が進み、最近では滋養に富んだその味が人気をよんでいます。

たれ蜜

藤原養蜂場では人工巣による日本ミツバチの飼育実験に成功。蜂蜜だけを取り出せる方法も可能になりました。日本ミツバチの蜂蜜は、その習性上いろいろな花の蜜がブレンドされた百花蜜なので、一般にコクがあり滋養味たっぷりです。ぜひ、西洋ミツバチの蜂蜜と比べてみてください。そしてそれぞれの良さをご確認ください。

 
このページの上へ戻る